2021年6月5日【お知らせ】シルミルのトップ画像がリニューアル

2021年6月3日【お知らせ】YOUTUBEそらねこチャンネルさんにて当サイトが紹介されました。

2021年5月20日【お知らせ】このサイトはリンクフリーです https://srmr.jp

野草

【野草】野に咲く草花達〜ドイツスズラン(鈴蘭)〜

2021年5月31日

東久留米市 自宅にて撮影

野に咲く草花達。

そんな草花達をじっくり紹介していきたいと思います。


スズラン(鈴蘭)

 

基本情報

分類キジカクシ科スズラン属(科名はユリ科、スズラン科で分類されることもあります)
学名Convallaria majalis
原産地ヨーロッパ、東アジア、北アジア
大きさ15~20cm
分布北海道、本州、九州 世界では朝鮮半島、中国、シベリア東部
生息地高原や山岳地帯の涼しい場所
別名「谷間の姫百合」
花言葉「純粋」「純潔」「幸福の再来」「謙遜」
誕生花5月1日
性質多年草
似ている花ニホンスズラン

名前の由来

花の形が鈴のように見えることから名付けられたそうです。

ヨーロッパでは「聖母の涙」、英語圏では「谷間のユリ(英:Lily of the valley)」、フランスでは「ミュゲ」と呼ばれているそうです。


形態・生態

地下茎が伸びて増えていきます。
細く長く、緑色で幅は5cm前後で長さは10cmほど。真っ直ぐ伸びる茎に添えられるように2~3枚生えてきます。
白色で釣り鐘のような形で下を向いて咲きます。花の中には赤い点の模様があります。花茎から10個ほどの花を咲かせます。花の大きさは1cmくらいで花びらの先は6つに浅く分かれています。ピンク色や紫色、黄色の花びらのものもあるそうです。
赤い実ができます。猛毒なので鳥も食べません。

似ている

ニホンスズランに似ています。

ニホンスズランは日本原産のスズランで別名「君影草」と言われています。

よく見るスズランはヨーロッパ原産のドイツスズランです。

ニホンスズランは主に山野草として扱われ、高温多湿に弱く、育てにくい性質から流通はあまりされていないそうです。

違いドイツスズランニホンスズラン
大きさニホンスズランより大きい小ぶり
香り
花の中真っ白な花の中に赤い点模様がある。真っ白。点模様はない。
花のつきかた葉の上に花はつく葉の下に花がつく

!!!!食べられません!!!!有毒です!!!!

スズランは毒を持っています。コンバラトキシン、コンバラマリンコンバロシドなどの有毒成分を30種類以上持っているとされています。花、茎、根、全てに毒があるので注意喚起が必要です。切り花で飾った花瓶の水も毒が溶け出ているので注意が必要です!!

摂取すると頭痛や嘔吐、目眩や不正脈、血圧低下の症状があらわれます。

最悪の場合、死に至る恐れもあるので決して食べないで下さい!!!


活用

・フランスではメーデー(5月1日)に大切な人に感謝の気持ちを込めて送る習慣があります。

・ヨーロッパでは結婚式に使われるブーケにスズランの花があしらわれることもあります。

・スウェーデン、フィンランドの国花です。

・ヨーロッパでは香水の原料として利用されています。

・消臭芳香剤、お線香、アロマオイル、洗剤、柔軟剤、などにも利用されています。

・スズランは薔薇、ジャスミンと並んで三大フローラルノートと呼ばれています。集中力を高める(作業ミスの軽減)、疲労感の軽減の効果があるといわれています。


最後に一言

家の庭のスズランはドイツスズランでした。

ちなみに私の一番好きな花がスズランです。

スポンサーリンク

-野草

© 2021 シルミル Sirumiru