【生活】トイレに閉じ込められた時の話

先日、「我が家のドアノブが壊れてしまった時に起こった事」を元に書かれた記事です。

ヒヤリとする場面もありましたので、この体験を記事にしてお伝えしたいと思いました。

例によって稚拙な文章でございますが、この体験が皆様のお役に立てる事がありましたら嬉しく存じます。

ある人物を今回はとつ先生に置き換えています。

 

 

トイレが開かない

何やら2階から騒がしい声がする・・・

どうやら、またとつ先生が何か騒いでいるようだ。

重い腰どりを上げて階段を上がると、2階のトイレの前でとつ先生がトイレのドアノブ相手に格闘している最中であった。

「くっ・・・くっ。開かない!!開かない!!」

トイレととつ先生の画像

トイレのドアが開かず助けを求める「とつ先生」

どうやらドアが開かないようだ、すかさず私はとつ先生に声をかけた

「誰か入っているんじゃないですか?」

しかしながらとつ先生曰く、残る我が家の家族である3人娘は自分の部屋で遊んでいるらしい。

確かに中には誰もいないようだ、私もドアノブに手を掛けて回してみたがいつもの手応えがなくラッチが動く気配は無い・・・。

次の瞬間思い浮かんだのは、「ドアノブは壊れたらしい&その修理代」であった。

そして、この時から壊れたトアノブを巡る悲喜こもごもが始まったのでした。

 

ドアが壊れた時の対処方法

 

通常のドアならこれで対処できるかも

デッドボルト(施錠)→外から硬貨を利用すれば開けられる事が多い

ドアの鍵の開け方の画像

ラッチボルト→外からハンガーを利用すれば開けられる事が多い

ラッチボルトとハンガーの画像

 

我が家の2階のトイレのドアノブは、円筒錠と呼ばれる形状であり

ラッチボルト(ドアを閉める)とデッドボルト(施錠をする)が一緒になった押しボタン式である。

トイレのドアの写真トイレの内鍵の画像トイレの外鍵の画像

↑画像左より:ラッチの部分・押しボタン式の内鍵・外側にある施錠に連動したネジ

 

とりあえず、通常のドアと同じように外から硬貨を使ってネジを回して見る、回るのだが手応えがなくクルクル空回りする。

恐らく施錠の部分が経年劣化によって壊れたのであろう。

次に、外からハンガーを利用してラッチボルトを引っ張るが

施錠が効いているのか、ラッチは全く動く気配がない。

 

そう、我が家の2階トイレのドアノブは

「ラッチを施錠したまま、ドアノブ自体も壊れてしまう。」

という残念な寿命を迎えてしまったのだ。

 

初めての共同作業

時間だけが過ぎていく中、私と先生は奇策に打って出ることとした。

ひとまず「トイレ、トイレ」と騒いでいたとつ先生は1階のトイレを利用し

戻ってきたとつ先生は、私にある提案をしてきた。

「2人で同時にアプローチをしてみないか?」と。

それまで私は、一人でドアノブやネジを回したり、ハンガー突っ込んでラッチを引っ張ったりしていた。

それを、私がデッドボルトのネジを回しつつドアノブも同時に回転させ、とつ先生がハンガーでラッチを引っ張るという同時アプローチを試してみようというのであった。

「施錠をしたまま寿命を迎えたドアノブ」に完敗寸前であった私はその提案に縋るしかなかった。

「初めての共同作業ですね・・・」私がとつ先生に話しかける。

「うむ・・・」、とつ先生も緊張した面持ちでそれに応える。

私ととつ先生はいわば「悟空とベジータ」のような妙な関係なのであった。

私は慎重にデッドボルトとドアノブを回していく。

とつ先生が何かを感じたのかビクッとする、そして軽やかにハンガーを引っ張った。

「カチャリッ」軽快な音を響かせて、ついにドアが開いたのであった。

瞬間二人は顔を見合わせ頷く、とつ先生の顔にも安堵の表情がうかがえる。

私はドアノブとの闘いの勝利を確信していたが、さらに畳みかけることとした。

「とつ先生、トイレの中に入って中から鍵が開けられるか試してもらえませんか?」

「おうよ!!」とつ先生も勢いよく答える。

とつ先生は意気揚々とトイレに入り、ドアを閉めて中から鍵が開くか試して見る

「うーん、開かないようだねやっぱり壊れているようだ・・・」と、とつ先生は報告をしてくれた。

やはり、ドアノブ自体を取り替えないといけないようである。

私は「Amazonでドアノブでも探すか・・・」と考えていたのだが、やけにガチャガチャ騒々しい。

突然トイレの中からとつ先生が叫んだ

 

「ドアが開かない!!」

 

とつ先生トイレに閉じ込められる

 

「スーン、スーン」

 

3分後とつ先生はトイレの中で大きな声で泣いていた。とつ先生は完璧にトイレに閉じ込められてしまったのだ。

トイレに閉じ込められた画像

トイレに閉じ込められ悲しい目でこちらを見るとつ先生

先程は協力して奇跡的にドアが開いたが、今はもう一人しかおらずどうしようも出来ない。

とつ先生は「開かない、開かない」と言いながら必死で壊れたドアノブをガチャガチャと回している。

 

数分後、全てを諦め疲れ果てた小さな声で「スン・・・スン・・・・」と泣いているとつ先生の声からは、生きる気力が失われつつあるのが分かった。

時間だけが過ぎ焦燥感が募る中、私はある決心をした。

 

「このドアをノコギリで切るしかない。」

 

救世主

トイレのドアをノコギリで切る。

恐らくそれは取り返しのつかない、愚かな決断なのかもしれない・・・

 

「死が急速に迫ってくる瞬間が、一番生を実感する!!」

 

トイレの中でとつ先生が、ガスおじの真似をし始めた。

 

もう時間はない。

ガスおじの画像

参考画像:APEXよりコースティック。とつ先生がAPEXで愛用しているガスおじさん。通称「ガスおじ」

 

しかし、そこに二人の救世主が現れた。

我が家の双子の娘、「ぼーみー」「のっちゅう」である。

彼女たちはこう言った

「私たちが一緒に手伝うよ!!」

 

先程とつ先生と行った作業を、今度は私と双子の娘で試して見る。

果たしてもう一度開くのだろうか?皆は祈るような気持ちでゆっくりと引き抜かれるハンガーを見つめていた。

「カチャリ」

軽快な音を立て再びドアノブは音を立てて開いたのであった。

「やったー」

双子の娘が歓喜の声を挙げた。

そうして、とつ先生は無事にトイレから出る事ができたのであった、なんと実に7分ぶりである。

倒れるとつ先生の画像

救助された時のとつ先生。何故か死んだふりをしていた。

 

そうして私は二度とこのような悲劇が起こらぬよう、ドアノブのボルトを取り外す事としたのであった。

ラッチを取り外している画像

また施錠されないように、ラッチを外す応急処置をしました

取り除かれたラッチの画像

ラッチが取り外され施錠される心配は無くなった、が鍵も閉められない(涙)

 

 

今回の教訓

一度ドアの扉が開いたにも関わらず、「中からは、簡単に開くのではないか?」と欲を出した事が間違いでした。

最初は私ととつ先生の二人で中に入り試そうとしていたので

もし二人でトイレに入って鍵を閉めていたら完璧に閉じ込められていました。

家の中だったので携帯電話も持っておらず、簡単に助けも呼べない状況は想像すると今でも恐ろしい思いがします。

ちょうどトイレに誰も入っていなかった事も幸運だったのかもしれません。

とつ先生(大人)曰く「トイレに閉じ込められるのはかなり怖い」との事です。

ドアノブなどは、このように急に経年劣化での寿命がくる場合があります。

この記事がまさかの事態を考えるきっかけになれば幸いに存じます。

トイレ内装の画像

とつ先生が閉じ込められた我が家の2階トイレ

我が家のトイレの画像

あのすりガラスからとつ先生は顔を出していた!!

スポンサーリンク

人気の記事

トイレに閉じ込められた画像 1

先日、「我が家のドアノブが壊れてしまった時に起こった事」を元に書かれた記事です。 ヒヤリとする場面もありましたので、この体験を記事にしてお伝えしたいと ...

2

この記事はYOUTUBEで取り上げられました。5分から10分で読めます。 次にような方に、おすすめの記事です。 totoを通じてスポーツ観戦と勝負を両 ...

さよならとつ先生の画像 3

今回は、ある物を大量に購入した「とつ先生」に待ち受ける過酷な運命を描いています。 とつ先生は無事にこの局面を乗り切れるのでしょうか? またクッピーラム ...

夜の画像 4

当サイトではサッカーくじトトの買い方の記事を多く載せています。 この記事はサッカーくじtotoの魅力を知ってもらいたいと思い執筆した記事です。 皆様の ...

メガハンバーガーの画像 5

noteでとても反響がありました。この記事は5分で読めます。 次にような方に、おすすめの記事です。 家族と週末に楽しい思い出を作りたい。 ハンバーガー ...

-生活
-,

© 2021 シルミル Sirumiru